So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

悪魔のしるし/ 搬入プロジェクト [芸術祭作品 2015] [芸術祭作品・十日町北部]

 タイトルどおり、搬入をする作品。ぎりぎり入れることができるサイズと形の物体を設計・制作し、たくさんの人たちで力を合わせて運び込むという趣向。おみこしと知恵の輪を合わせたような作品だ。

旧校舎は取り壊され、体育館が残った廃校で、こんなユニークな作品が。

DSCN5258~1.JPG

どーん。

ただ単に搬入するだけではなく、ぎりぎりのところで工夫して、協力して運び込むのが醍醐味らしい。

DSCN5256.JPG

DSCN5257.JPG

設計図も綿密であります。

DSCN5260~1.JPG

DSCN5259.JPG

はああ~とあっけにとられた作品でありました。


posted by Yuki at コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

アヌサパティ/ SOUND TOWER 音の塔[芸術祭作品 2015] [芸術祭作品・十日町北部]

大きな木の鐘を備えたタワーを制作。鑑賞者は自由に打ち、周囲に音を響かせることができる。また、塔には数多くの小さな木の鐘を吊るし、こちらは一つ一つサイズと形が異なる。

DSCN5251.JPG

DSCN5254.JPG

桂スキー場脇の高台の展望台に設置。地元のおじさま達3~4名が熱烈大歓迎です。すみません、この日は飛渡バスタク1名です。ゴージャスツアーです。

DSCN5253~1.JPG

この作品にもいろんなドラマがありまして。この真ん中にある木魚的な物体ですが、アーティストの地元の国で完成していたそうですが、重量オーバーで船に乗らなかったとか。で、急遽日本で作ったそうです。ほんとうにご苦労様です。

この日のバスツアーのボランティアさんが、この地元に実家があるらしく、超地元密着会話をしていました。楽しいねー。

DSCN5252.JPG

アーティストのサインもあって、楽しい作品でしたね。



posted by Yuki at コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

バスタクにのって十日町南エリアの旅 [旅行記など]

行ってまいりました。バスタク2回目。

この十日町南エリアですが、作品が点在しており、新作も多く、駐車場悩む、風景は割と似ている、という私にとっては結構な難所なんです。段丘の上のなだらかな地形と、川が作る断崖が非常に特徴的でして。でも、再訪したい作品も多いし…。そうだ、バスタクだ!行ってきました。

今回は結構人が乗っており、バスは路線バスタイプ。前の飛渡が豪華すぎましたね。15名くらい?の同乗者と、地域のボランティアさんがガイドに同乗して出発-。

「私、北川さんと同い年なのよ」というガイドさんは私の何倍も元気でおられる。芸術祭開催当初の取組から現在に至るまで、いろんなエピソードを話してくれる。うーむ、おもしろい。そして、頑張っていたのね、と。

最初はこれ、久しぶりです。地震で見られないと思ってましたが、破損もなおったのね。

DSCN5351.JPG

あいかわらずピントの厳しい作品ですな。マッチョです。

DSCN5352.JPG

これこれ、ちょっと楽しみにしてたのです。バスの中でガイドの方にお借りした絵本。結構涙腺にくる話で…。

さらにここで「さるなしジャム」にはまる。芸術祭だとベリースプーンも含めてジャムが何か冷蔵庫に備蓄される我が家です…。

DSCN5359.JPG

おお、実の音。前回の風鈴とは又違った音具、場所も違うし。風に揺れてからから鳴る様子が素敵。

DSCN5363.JPG

これは、ガイドブックにものっていた作品ですが、なんともテーマが重くのしかかるようで…良い作品でした。

DSCN5366.JPG

DSCN5372.JPG

これは人気でしたな。人が多すぎて大変なくらい。子どもにも大人にもウケますね。学校の補習で参加できなかった娘にも見せたかったなー。帽子の他にピカピカのエイも泳いでました。

DSCN5374.JPG

「芽吹きの風」健在。今回はドーム型。台風で撤去されて途中で見られなくなったようです。見られた私はラッキーでした。

DSCN5377.JPG

「蔓蔓」は相変わらず繊細な作品。

ここで大難所、2回の作品。階段がものすごく怖い。でもとてもきれい。今後も季節によって開館して見せてくれるかな。写真は大失敗でした。とてもきれいなのになー。

DSCN5381.JPG

さて再構築。これは十日町のリゾートホテル ベルナティオの倉庫だったとガイドさんにお聞きする。

大地の芸術祭の最初の頃の地元の反対と同じく、ベルナティオの開所もかなり大変だったらしい。粘り強く企業の方が地元に入り、説得をして今の形になったとか。土市・水沢駅の「kiss&good-bye」のおじいさんのモデルになったのはこの企業の方だそうです。なるほど。深い、深すぎるぞ。ものすごく深いガイドさんでありました。

芸術祭発の方はやっぱりここにはまるらしく、写真をとる、反対側に回るなど、楽しんでましたね。

DSCN5384.JPG

水沢駅。土市とはセットのはずだけど、こちらの方が何か好き。ふんわりと夢見心地で。土市の方は思い出に浸る感じ。いい作品です。秋も見られます。

3時間弱のこのツアー、濃厚でした。勉強になった。むろん、芸術も良かった。このコースはやっぱり好きだなあ。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

バスタクにのって飛渡エリアの旅 [旅行記など]

「なんで本祭のたびにオレは受験生なんだ」と娘が怒っています。別に行っても行かなくても勉強しないじゃんか、と私は思うのですが「そんなわけだから楽しい事がないと行かないので、遠くの大人向けの作品に行ってきなさい」「なに、枯木又?遠すぎる。車酔いするから、一人で行ってらっしゃい」と言い含められたので一人で行きます。

さて。

一人で枯木又は確かに心細い。前回も、前々回も工事中の迂回路を通ったせいもあり、泣きそうでした。

そうだ、今年はこんないいものがあったじゃないの。バスタク。正式には「エリア周遊バス・タクシー 交通パスポート」というらしい。そうかあ。2日券と会期パスがあります。私はむろん会期パスです。だって2日連続なんて行かないもの。ちょっとお高いようですが、考えてみれば会期パスで3回くらいのれば余裕で元が取れます。

DSCN5250.JPG

いつも芸術祭は暑いに決まっているのですが、今年は暑すぎる!帽子、汗ふき、虫除け、飲み物を十分に持って出かけますぞ。

最寄りのほくほく線で車を止めて、ちょうどいい時間につく「ゆめぞら」に乗ります。ほくほく線は北陸新幹線ができてしまったのでドル箱だった上越新幹線シャトル的な特急「はくたか」が運転をやめ、超ローカル線に逆戻りですが、このイベント列車は残して欲しいなあ。トンネルに入ると、映像と音楽が流れます。8月は「海中編」でした。クジラや珊瑚礁や人魚ががんがん天井に飛んでました。芸術祭にあきたお子様にはいいですぞ。お盆期間は毎日運行されるようです。ぜひ。十日町~松代間だけでも相当楽しめますぞ。時刻表で「ゆめぞら」をチェックしてくださいね。十日町寄りが動く映像だと思われます。

DSCN5244.JPG

くじらが潮を吹いておる。

さて。十日町ほくほく線西側改札をでて観光案内所で会期パスを買いましょう。しかし今年は海外の方多し。それに対応する案内所のお姉さんの英語ぺらぺらに感動する。すごいなあ。

DSCN5247.JPG

バスがくるまで間があるのでエアコンの効いた待合室でほけーっとしたあと、西口外ロータリーで待つバスのもとへ。まだまだ出発時間に間があるせいか、一人で前側の席ゲット。私の乗る飛渡コースの前の車両は下条コースでどんどんお客が増えていく。さすがうぶすなの家+もぐらの家の集客力よ。

たくさんのお客がいると、賑やかになるかなと思いながら定刻に、ってあれ?慌てて乗り込むお姉さん二人。いやに運転手さんと話しているぞ。「あ、こんにちは。今日はね、貸切ですよ。私たちガイドです、あと運転手ね」 

へ?

一人でもバスで動いてくれるんですか?

恐縮です。

DSCN5254.JPG

スキー場の木の鈴。鈴もかわいいが地元のおじさま方かわいいぞ。楽しいおしゃべりありがとうございました。

DSCN5255.JPG

ほら、こんなに歓迎してくださる。この地区はいわゆる「移住女子」が多く、新しい農村の形が見えつつあります。地元紙にもエッセイを書いてくださる方もいて、ちょっとうらやましい。そんな話でもりあがっていく3名でしたね…。

DSCN5258.JPG

計算に計算を重ねてギリギリサイズのものを搬入する作品を見て、さあ、いくべ、と出口に向かうと「今炊けたのよ」とごはんをいただき、漬け物などもいただく。うまい!前回も車座おにぎりでお世話になったな。売り子をしてくださった方も東京からの移住された方らしい。うれしいもてなし、ありがとうございました。

DSCN5262.JPG

大きな杉の木の下に、農村風景が広がったり、

DSCN5265.JPG

鶏が紅白幕の張られた空間に放し飼いになっていたり(卵も買えます。今年の夏はとても産むらしい)

DSCN5267.JPG

空き家に金継ぎされている美しい空間があったり。

DSCN5272.JPG

木、育ったー(こんなでした)。枯木又分校のいろいろな作品を見たり。

道中は作品の説明から地域の特性などいろいろと説明していただきました。地元の方だったのでまた非常にわかりやすい。感謝、感謝です。いつもは娘と二人でギャーギャーしゃべり倒しているか、一人でしんみり鑑賞しているので新鮮でした。

また、いままでバスで、となるとどうしてもダイジェストコースになりがちだったので、私のように会期中新作コンプリートを目指しているものにはちょっと会わなかったんですが、今回の飛渡コースはみたいものすべて網羅してもらったのでよかったです。今度は津南か土市に行くときお世話になろうかな、と。

レンタカーを借りるより安い!炎天下の中峠越えしなくてもいい!ぜひお試しください。取り扱いは各案内所で。十日町駅発着バスは駅内の案内所が一番早いかもね。どうぞ。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

鉢&田島征三/絵本と木の実の美術館 【芸術祭2015作品 十日町南部】 [芸術祭作品・十日町南部]

絵本と木の実の美術館は芸術祭ごとに作品が新しくされますが、今回は学校のヤギのお話。なので、なんとバッタリバッタが大変身。

DSCN5242.JPG

えっとー。ヤギの水飲み場のようです。

作品も全てお色直しされ、きれいです。

DSCN5241.JPG

トペラトトや学校の仲間達、お化けもより動きのある形へ。和紙をたくさん使われていますね。

DSCN5230.JPG

DSCN5233.JPG

DSCN5234.JPG

DSCN5236.JPG

DSCN5238.JPG

ボランティアも大勢参加していたようです。友人が参加して「ねえ、ドングリの作品、見た見た?」というのですが、ドングリは一杯使われているんでわかんないよー。

駐車場はグラウンドにたくさんあります。駐車場の奥にヤギの親子がいるから、会っていくのをお忘れなく。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。